四国中央市の歯医者 吉井歯科クリニックのインプラント

インプラントの選択や術式は人それぞれ異なります。十分な術前検査を行って、説明いたします。

1476F61.png
アンキロスインプラントは表面をサンドブラスト処理した
純チタンインプラントです。
プラットフォームスイッチングという構造のためインプラント周囲の
組織の状態の安定性が非常に高い優れたインプラントです。 
 
1476F63.png
大口式(OAM)インプラント法は顎の骨が柔らかすぎたり
細すぎたりして通常のドリリングではインプラントができない
ケースに対応できるオーギュメーターという器具を用いて行う
インプラントの手術法です。

1476G58.png
上顎の奥歯にインプラントを埋入するときに上顎洞という空洞が
あるため骨の厚みが足りない場合、骨の厚みを増やすための器具
1476F62.png
スプラインインプラントは結晶率97%を誇るHA(ハイドロキシ
アパタイト)を全面コーティングしたインプラントです。
カルシウムブリッジを形成して強固に骨と結合するとともに
インプラント周囲骨を保存する優れたインプラントです。 
 
1476F64.png
 当院では被爆線量が少なくても高画質が得られるCTを導入して
 インプラントの術前検査を行っています。
 
 
 
1476G80.png
CT画像を分析し、骨の質、厚みや神経の走行を確認し
使用するインプラントを選択し埋入方向と深度を決定します。